姫路・太子で注文住宅ならアットホームおおたに|姫路 太子 たつの 注文住宅 ZEH 工務店

「電力自給」住宅に曙光

新着情報

本日のYAHOOニュースより

電力不足や余剰電力買い取り制度によって、新築・既築を含め太陽光発電の導入熱は高まっている。

太陽光発電普及拡大センターによると、住宅用の補助金申請件数は今年度に入って補助額が減額されたことで4~6月は減少したものの、震災後は急速に増えている。
住宅メーカーの戸建て販売に占める太陽光発電採用比率も、2011年度には前年度より9.2ポイント上昇して56.3%となり、

13年度は「70%が目標」としている。施工ベースの比率が09年度の35%から、11年度は54%に上昇。今年度は「受注ベースで約6割」を超えているという。

最先端の消費者の省エネ意識はさらに進んでいる。展示場を訪れた60代の夫婦は、「エネルギーの自給自足に興味がある。自宅を建て替えるときにはスマートハウスを検討したい」と話した。

電力不足が続く中で、停電時でも電力を自給したいというわけだ。

しかも、14年度からは消費税増税が予定されている。住宅に関しては増税による軽減措置が検討されているが、

増税前の駆け込み需要で「増税分の負担増を考えれば、この際スマートハウスで、という需要が出る可能性がある」。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券の小沢公樹シニアアナリストも「増税前の駆け込み需要に加え、今後の電気料金値上げ見通しが後押しする可能性が高い」と分析する。

 

 

 

 

 

 

 

 

弊社は左記の 「太陽光発電MAX」で電力不足に対応しています。

HPからバーチャル展示場で内覧できますのでご覧になって下さい。