姫路・太子で注文住宅ならアットホームおおたに|姫路 太子 たつの 注文住宅 ZEH 工務店

本当の意味での希望の土地
一般的に家を建てようとして土地を探す際、次の3つが条件になるでしょう。

しかし、本当に「希望の立地」を探すだけでいいのでしょうか。
希望の家を建てるために必要な「広さ」をきちんと把握できていますか?
価格も、建物にはいくら掛けるのかまで計画できていますか?
おそらく、土地を買いたいと不動産会社に行っても、ここまで具体的な提案はしてもらえないでしょう。大切なことは、永住にふさわしい条件がどこにあるのかということです。子どもは巣立っていくものですし、将来にわたって長いスパンで見通してみると、希望の立地は変わってくるかもしれません。「住めば都」という言葉がありますが、「住んでいない都」もあります。変わらない条件を見つけ出し、その条件に合った「立地」が本当の意味での「希望立地」だと考える事が大切になります。

現実的な土地の広さを考える

ご自身が求める家に最低どれだけの広さが土地に必要なのかをご存知ですか?
一体どれくらいの土地の広さが必要なのでしょうか?
一般的に「40坪」から「60坪」は必要だと思われています。しかし、本当にそれだけの広さが必要なのでしょうか。使いもしない敷地を持っても、購入資金は掛かりますしランニングコストも上乗せされます。庭の使い道を考えていない人や面倒くさがり屋の人の場合、庭の手入れだけでも大変になり、さらに、その分は固定資産税が高くなります。
つまり、土地探しで本当に大切なのは、「実際の生活に必要な家のボリューム」を現実的に判断し決定していく事なのです。
東南角地は本当にいいの?

住宅地で人気が高いのが「東南角地」と言われる土地です。確かに、陽当たりもいいし、不動産としての価値も高い傾向にあります。

 
しかし、人気がある分、当然価格も高く固定資産税も高くなります。また、「角地」であるということは、両隣を隣家に挟まれている家よりも、通行人などの一目に触れる角度が多いという事でもあります。したがって、通行人の視線を遮るための外構等にも、余計なコストがかさんだり、外観のデザインにお金をかける必要がでてきます。
逆に、比較的安い土地というのは、たとえば三角形の土地や間口が狭くて奥行きが長細い土地など、いわゆる形の悪い土地だったりします。こういう土地というのは人気がなく敬遠されがちでありますが、実は家の建て方次第でデメリットをメリットに変えることができるのです。

 

例えば、奥行きの長さを利用してアプローチを豪華にしたり、角度を利用して個性的な部屋を演出する事も可能です。また、法面(のりめん)など一見、造成費用がかかりそうな土地も傾斜をうまく活かして段々状の建物をつくれば、造成費用を安く抑えることもでき、結果、建物によりお金をかけられる場合もあります。

ぐっと経済的な土地探し

土地の価格ももちろん大切ですが、将来を見越した土地選びの方を怠ると価格以上に損をしてしますこともあります。そんなことの無いように経済的な土地探しの基本ポイントをご紹介します。

 

○駅やバス停に近いこと
公共交通機関を利用しやすい立地は、自家用車を利用する割合を減らすことが可能です。ヨーロッパには、地球環境や燃料問題に配慮し、自家用車の使い方を様々な形で規制する国も出現しています。近い将来燃料費の割合も大きくなってくるでしょう。さらに、これからの高齢化社会を見据えた上でも、ストレスなくバスや電車を利用できることは、大切なポイントです。

 

○生活施設が充実しているかどうか
スーパーや病院などの生活施設が、歩いて通える距離にあることが理想です。生活を営む上で欠かせない施設が徒歩圏内にきちんと揃っていれば、移動にかかる時間や交通費を節約できるからです。

 

○その土地の通風・採光の良さも大切
風通しがよく、陽当たりの良い土地は、人間の体感的な快適さを左右するだけでなく、冷暖房・照明などの光熱費にも多大な影響を及ぼします。ここで気をつけなければならないのは、昼夜はもちろんのこと、一年を通して通風・採光がどう変化するかを確認することです。

 

○家族構成に合わせたジャストサイズの土地選びをすることです。
例えば2台保有している自家用車を1台にするなどして、坪数を減らすといった試みも、経済的な考えです。自家用車の維持費は、200万円の車を購入して7年間乗り続ける場合、税金や保険、車検等の費用を合算すると、年間で約50万円かかるといわれています。

 

これらの条件を可能な限り満たした土地の上に、「いい家」を建てれば、きっと100年後も200年後も自分が建てた家が残っていることでしょう。